植物由来成分 白髪染め 効果

28種類の植物由来成分配合の白髪染めの効果とは?

28種類の植物由来成分配合の白髪染め「利尻ヘアカラートリートメント」の白髪染めの効果について見ていきたいと思います。

 

利尻ヘアカラーにはたくさんの天然成分が配合されています。それではその植物由来の天然素材はなぜ配合されているのでしょうか?その理由と効果について探ってみたいと思います。

 

理由その1 無添加にこだわっているから

白髪染めが敬遠されてしまう理由の一つに、使用した後の髪の毛の傷み、クラクラするような嫌なにおいがあります。それはパラベンや合成香料といった安さを追求した石油由来成分が配合されているからです。サスティはお客様からの声をもとに、無添加商品を作る努力をしました。

 

理由その2 保湿成分に注目したから

メインで配合されている利尻昆布にももちろん保湿成分がありますが、それ以外に配合されている植物由来成分にも保湿効果があることがわかっています。白髪染めをした後のパサつきを解消するため髪の毛や頭皮をいたわる成分を配合したのです。

 

理由その3 天然色素にこだわったから

この商品に使われているのは天然由来の色素です。シコン、ウコン、クチナシ、アナトーなど昔から染料につかわれている素材を用いることで髪の毛をいたわりながらきれいに染めることができます。

 

石油由来成分を使えば、確かに安くて早く染まる製品を大量生産することが可能です。
しかし、そういった製品を長く使うと髪の毛や頭皮を傷めてしまいます。すると抜け毛や薄毛にとどまらず、
血液を通って体中を有害物質がめぐり、体調不良を起こすことが最近わかってきました。

 

 

利尻ヘアカラーはお客様にそういった思いをさせたくないと何回も試験を繰り返し、
天然成分で染まる白髪染めを開発したのです。

 

植物由来成分配合の白髪染めはこちら